【保護猫】可愛いだけじゃ生きてけないニャンpart5【仔猫】

保護活動している中で命の選別が出来ない為
先ずはご依頼は引き受ける不器用な私と猫達の出会いで1度に多くの出会いとなるのが出産シーズンです。

んにちは(=^・・^=)保護猫ちゃんと暮らす店長です。

 
今年も仔猫の保護依頼来ております。
何度もしつこく言いますが母猫も一緒の保護を依頼主様には何故必要かを伝えご理解頂き承っております。
何でもかんでも保護するわけではありません。
仔猫にも母猫が必要だからこそ保護しないほうが良い仔猫達もおります。
今回は先に既に依頼主の方が仔猫を保護しており母猫も近くに身に来るとの事にて保護致しました。
4月16日産まれだそうです。
ママ猫はみゅうちゃんです。

経産婦との事もあり子育て順調にてみゅうママのお世話をする事で順調に子育てが進みました。
子育て中
外敵も無く食べては眠るの仔猫達はママを見習いすぐにトイレを覚え離乳食を超えてママのドライフード食べる子まで出て来てました。

それでもやっぱりママ猫からは離れられず甘えん坊な4匹です。

いずれ来る新しいお家探しの為みゅうママはお疲れ様の意味を込めて避妊手術も終えて
いつでも新しいお家探し🏠
みゅうちゃんと仔猫2匹を一緒に家族になってくれると嬉しいですよね。
尚、仔猫はワクチン2回接種してからのトライアル開始となる為もう少し時間がかかりますが
面接受付は開始致しました(^^)
みゅうママが頑張ったおかげで健康的な4匹の
仔猫ちゃんとなりました。
ママの居ない生活だったら
お外での生活だったら
今とは全く違う猫生だったと思います。
可愛いだけじゃ生きていけなかったかも知れませんね。

おすすめの記事