里親希望者様

⁂☆彡里親様ご希望の方へのご案内彡☆⁂
良いご縁となりますよう
和風猫本舗では事前にご希望者様の
名前
住所
電話番号

をお聞きしております。
事前又は当日にアンケートをお願いしております。
ご協力宜しくお願い致します。

【里親募集中の猫達】

里親様募集中の子達はこちら

当施設に面会に来て頂き実際にお会いした状態で判断願います。※当日譲渡は出来ません。
その後ご自宅まで伺わせて頂きトライアル期間を経て正式譲渡の運びとなります。

その他・備考

●面会は完全予約制となっておりお時間30分と区切らせていただいております。
●面会時にトライアル申込みご希望の方には、各種契約書・同意書等の正式譲渡までの必要書類を全てご確認いただき、ご了承いただいた方のみお申し込みいただけます。また、申し込みの際、身分証明書・賃貸物件の場合は頭数制限記載箇所の契約書のコピーをとり、個人情報をお預かりさせていただくため、秘密保持誓約書の取り交わしをお願いしております。

 

【譲渡費用】

不妊手術済猫譲渡時の施設維持協力金 30,000円

【今までにかかった費用】

ワクチン接種費用 4,000 円
エイズ、白血病検査 5,000 円
血球計算、一般採血 10,000 円
ノミダニ駆除薬 1,000 円
駆虫薬 700 円
診察料 800 円
雄去勢手術 10,000 円 雌避妊手術 15,000円
合計金額 31,500 円      36,500円

 

【譲渡費用】

未不妊手術の猫の譲渡時の施設維持協力金 20,000円

【今までにかかった費用】

ワクチン接種費用 4,000 円×2回分
エイズ、白血病検査 5,000 円
ノミダニ駆除薬 1,000 円
便検査 1,000円
駆虫薬 700 円
診察料 800 円
合計金額 16,500 円

 

【譲渡費用に関する注意事項】
別途お届けの際にかかる交通費及び駐車料金はご負担頂いております。
当施設からの往復距離
①20㎞以内 3,000円
②21~50㎞以内 5,000円
③51㎞以上 10,000円
となります。
*訪問時に有料駐車場を利用した場合、別途駐車料金をご負担いただきます。

 

正式譲渡までの流れと致しましては

①面会
・身分証明書(顔入りのもの)、賃貸又は分譲の方はペット可の規約部分(許可証)のコピー又は原本を持参くださいませ。
・この時に猫ちゃん気に入って頂けましたらお家の状況確認させて頂き脱走防止対策のアドバイスを致します。
・トライアル申込みご希望の方には、各種契約書・同意書等の正式譲渡までの必要書類を全てご確認いただきます。ご了承いただいた方のみお申し込みいただけます。
・お申し込みの際、身分証明書・賃貸又は分譲の方はペット可の規約部分(許可証)や頭数制限記載箇所の契約書のコピーをとり、個人情報をお預かりさせていただくため、秘密保持誓約書の取り交わしをお願いしております。
・ご飯や食器などの必要な物をトライアルにてお届けするまでにご準備願います。
※その日にお持ち帰りになる事は出来ません。

②トライアル
・ご自宅までお預けに伺います。
・トライアル契約書を交わします。印鑑のご準備をお願い致します。
・面会時にペット可規約のコピーを持参した方は原本の準備をお願い致します。

③正式譲渡
・トライアル期間中にお知らせ致しました、交通費を含めた料金の準備をお願い致します。
・印鑑のご準備をお願い致します。
・正式譲渡契約書を交わします。

④譲渡後
・年に一度のワクチン接種時に元気な姿をお知らせ頂けましたら幸いです。
・SNSにて発信しているようであればこちらへの直接なご連絡は無くても大丈夫です。その際アカウントを教えてくだされば覗きに行きます。

尚現在一連のコロナウイルスの影響にて、
今後状況に合わせ様々な変更事項等生じる可能性がある旨ご理解ご協力頂けますと幸いです。
宜しくお願い致します。

このアンケートは、里親希望者様の情報を元に希望に沿った猫ちゃんをお探しするための参考資料としてのみ使用致します。
里親様と猫ちゃんの幸せな出会いと、譲渡後のトラブル防止の為に記入して頂いております。
そのため、差し入った質問等もございますが、ご協力とご理解のほどをお願い申し上げます。

ご協力いただいたアンケートは、譲渡の際の参考資料にのみ使用させていただき、当会に関係
のない第三者に公開することは一切ございませんのでご安心ください。

    譲渡要件
    1
    飼育者は関東圏在住で、年齢は18歳以上65歳以下である。なお、年齢が65歳を超えている、または一人暮らしの場合には、60才以下の後見人を選定し、後見人も講習会を
    受講できる。 注:動物を譲渡できる年齢(原則 18 歳以上 65 歳以下)であっても、
    猫の種類、年齢、飼育環境等を
    勘案した結果、後見人の選定をお願いすることや希望する動物を譲渡出来ないこともあります。また、譲渡希望者登録時に後見人の方の承諾書を提出していただきます。
    後継人名:
    2
    飼育者は猫の飼育に問題がない健康状態である。
    3
    猫の飼育にかかる費用を、充分に負担できる経済状況である。
    4
    譲渡された猫は、営利・繁殖等の目的ではなく、家族の一員として飼育することができる。 基本的な生態・習性、生理を理解し、愛情と責任をもって終生大切に飼い続けることができる。
    5
    家族全員が猫を飼うことに賛成している。 猫を飼うことにより健康を害するおそれ(動物アレルギー等)のある家族はいない。
    6
    猫を飼うことができる住居環境である。
    注:集合住宅や借家などにお住まいで、動物を飼ってはいけないという規則はありませんか? 集合住宅や借家の方は、譲渡希望者登録を申請する際に、管理規約や契約書などの写しを 提出してください。
    7
    当面、転居する予定はない。

    8
    動物の日常の飼育管理は主に大人が担当し、責任を持つ。
    9
    動物愛護管理法・同条例、ワクチン予防法などの、猫が関わる法令やマナーを守って飼育できる。周辺環境を侵害したり、他人に迷惑をかけたりせず、逃走や危害の防止に努める。 (放し飼いの禁止等を守る)
    10
    完全室内飼育を厳守できる。ベランダも不可。脱走対策ができる。
    11
    避妊去勢手術を、譲渡後 6 ヶ月以内に必ず実施することができる。
    12
    迷子札、マイクロチップ等による所有者明示を必ず行うことができる。
    人と動物の共通感染症や病気に関する正しい知識をもって、十分な世話、しつけ、健康管理等を行うことができる。
    13
    猫の健康診断や病気、怪我をしたときは、動物病院に連れて行くことができる。 そのために時間を割くことができ、治療に必要な費用を負担できる経済状況である。
    14
    先住動物がいる場合は、譲渡された猫も適正に飼うことができる環境である。 また、先住動物も譲渡要件に準ずる適正な飼い方をしている。または改善できる。
    15
    将来、不測の事態により飼育継続が困難となった場合には、自ら新しい飼い主をさがすなど、飼 い主として責任ある対応ができる。
    16
    譲渡後に、家庭訪問や調査等に協力することができる。

    ※譲渡会当日に譲渡はできません。
    ※身分証明書を持参してください。(住所等が確認できるもの)
    上記の内容を確認し、了承しました。
        年  月  日
    申込者署名